手軽にむくみを解消|優良サプリの選び方を徹底解説

  1. ホーム
  2. 眼精疲労を考える

眼精疲労を考える

中年

眼精疲労の原因と対策

目には水晶体という器官があり、レンズのような働きをします。これは、近くのものを見るときには厚くなり、遠くのものを見るときには薄くなるように周辺の筋肉で調節を行なうという極めて便利なもので、カメラで言えば自動ピント調節機能のようなイメージと考えれば良いでしょう。ところが、長時間にわたって目を酷使すると、水晶体を調整する筋肉に疲労たまります。これが眼精疲労の原因です。眼精疲労は、目が痛くなる、目の疲れが酷い、目が乾く、視力が一時的に低下すると言った初期の症状から、肩こりや頭痛だけでなく、ストレスと似た症状、つまり良質の睡眠がとれなくなったり、食欲不振になったりと言った慢性的な症状にまで発展します。眼精疲労の原因である目の酷使は、特にスマホやパソコンなどを長時間見続けるといった現代のライフスタイルとも密接に関連していると言われます。パソコンやスマホを一定の近距離で見続ければ、水晶体本来の遠近を見る機能が失われ、水晶体を調整する筋肉が疲労するわけです。では、眼精疲労をなくする方法はあるのでしょうか。今日、パソコンを見ずに仕事をすることは考えられません。プライベートでスマホや携帯を扱わない生活も考えられません。そこで、対処方法として、定期的に目を休める必要があります。できれば、遠くを見るのが良い方法です。さらに、目の周りを温めるのも方法です。お湯につけたタオルを当てるなどの方法もありますし、最近では目を温めるアイマスクのような製品がドラッグストアなどで販売されています。さらに、栄養に気をつけ、目のピントを調整する機能のあるカシス、ブルーベリーなどの含まれたサプリメントを利用すれば一段と効果的でしょう。